海外旅行でのトラブル

海外旅行でのトラブルには日本ではちょっと想定外のことがあります。


例えばスリや置き引きがとても多いトラブルの一つです。
グループでサーッと置き引きされてしまったりすることもあります。
もちろんスリだけでなく、脅し取られることもあります。
国によっては税関職員が泥棒ということもあるのです。
そのために絶対に身に付けておくべきものもあるので、注意しなければなりません。
特に日本人はお金を持っていて、簡単に取れるというイメージがあるようなので、日本人と知られないようにすることも大切になるようです。


他にも海外旅行では食中毒や病気のトラブルもあります。
水を飲んだだけでも中毒になる場合もあります。
日本のように安全な水がどこでも飲める国の方が少なく、一般的には水は購入するものだということも知っておきましょう。


また食中毒も日本ではあまり心配ないことも、海外ではとても危険なところもあります。
必ず火の通ったものでなければ危険な国もあります。


他に交通事故や詐欺も海外旅行のトラブルになります。
交通関係も日本とはまったく違う国も多く、また信号が守られるのが当たり前という日本のような国ばかりではありません。
治安の悪い国では昼間でも危険な地域もあります。
もちろん夜は治安の悪いところが多いので、注意しなければなりません。


日本では有り得ないような危険地帯は普通に存在しています。
また盗難などにあったときには、すぐに渡すための現金を持っておくことも大切です。
いわゆる脅されたときには、そのお金を渡して命を守るということになるのです。
それほど海外旅行のトラブルは日本とはまったく違うレベルなのです。